終活のすすめ

先日、新しい看板を作りました。

といっても、もともとあった三角看板に、少し細工をしただけなのですが…。

さて、最近「終活(しゅうかつ)」という言葉をいろいろなところで耳にする機会が

増えたと思います。

終活と言われると、自分が亡くなった後の事が主体になってしまうと思うのですが、

実際は少し違うようです。

 

本来、終活は自分の人生を振り返り、充実した最後を迎えるための準備とされています。

この、「充実した最後を迎えるため」と言うところが重要で、亡くなった後の事ばかりじゃないんです。

 

確かに、自分の死後の事を思うと、伝えなければ行けない事、やらなければ行けない事が

沢山出てくる事でしょう。

でも、そればっかりでは充実した最後では無いような気がします。

 

自分がどんな人生を送ってきて、今までに出来なかった事、やりたかった事などを思い起こしたりして、

最終的に「悔いの無い人生」で終える為にやれる事があるのではないでしょうか?

「海外旅行に行ってみたい。」とか、「スカイダイビングをしてみたい。」とか、「日本一周してみたい。」

とか…。

自分が最後を迎える前に、やれる事はやったと思う為に活動する事が「終活」なんです。

 

自分がどれだけ人生を楽しんだのか、やり残しはないか。

やり残しがあるんだったら、今のうちにやっておきましょう。

高齢だから無理だとか、年甲斐も無くとか、言っている場合じゃありません。

 

まずは、自分にあった終活を探してください。

「お友達と遊びに行きたい。」でも、何でもいいです。

それも終活だと思います。

 

そして、いろいろな事をやったうえで、もし、お葬式に関わる事にご心配があるのでしたら、

いつでもご相談下さい。

 

#セレモニーホールえにし#藤沢市 家族葬 #散骨

終活のすすめ