明日のTOMOBIKIの日カフェは朗読劇

明日のTOMOBIKIの日カフェは、朗読劇です。

 

朗読劇とは、役者さんが台詞を暗記するのではなく、台本を持って音読するスタイルで上演される劇の事で、主に声による劇的演出によって観客にイメージを伝える演劇だそうです。

 

メインキャストは、いとうかよこ さん

 


 

小説や脚本の執筆、映画レビューなどをされているライターさんです。
また、かつしかFMでパーソナリティーも努めています。

 

↓ かつしかFM ↓
https://kfm789.co.jp/

 

 

さて、今回のお話は「引っ越しの夜」というお話です。
実はこの話、幽霊が出てくる話だそうで…。

 

 

夏に、葬儀場で、幽霊で…となったら、いわゆる怪談話なんだろうな~。

 

 

 

 

と思っていたら、ぜんぜん違うそうです。 どちらかというと、切くて、ちょっと心温まる内容だそうです。

 

正直なところ、まったく想像がつきません。
どんなお話なのか、今から楽しみです。

 

朗読劇は聴覚に訴えて、個人個人の想像力に委ねる演劇なので、頭の中で、それぞれに情景を描いて楽しむ事が出来ます。

 

想像力も豊かになり、脳もフル回転なので、
頭の活性化にもつながるかも…?

 

興味を持たれた方。 今ならまだ、若干ですが席が開いています。
是非、明日、会場にお越しください。
お待ちしています。

 

友引の日カフェ 朗読会
日時:8月8日 10:00~
会場:セレモニーホールえにし(辻堂元町4-8-10)

 

#セレモニーホールえにし #藤沢市家族葬 #家族葬 #散骨

明日のTOMOBIKIの日カフェは朗読劇