エンゼルケア

最近、社長が遊んでいる?(外出している)話が多かったので、

ちゃんとしたお話を載せようと思います。

 

「エンゼルケア」という言葉をご存知でしょうか?

人が亡くなった後に行う処置の事で、「清拭」「逝去時ケア」等と呼ばれるもので、

ご遺体の保清やエンゼルメイク(死化粧)を施したり、病院であれば、お見送りまでをさす言葉です。

 

どんな方でも、外出前には着替えたり、お化粧をしたり、身なりを整えたりしてから出かけますよね。

しかし、亡くなった方には自分ではできません。

それを看護師さんが代わりに行ってくださるのが、エンゼルケアです。

また、ご家族としても最期の時を迎えた後、顔や体を綺麗にしてもらうことで、

悲しみも少しは和らぐのではないでしょうか。

 

さて、なぜこんな話をするのかというと・・・

 

 

うちの社長、実はエンゼルメイクができるんです。

 

もともとは、リハビリメイクを学んでいたのですが、葬儀に携わる者として、

「エンゼルメイクは必要になる」と講習を受けたそうです。

 

また、医療従事者の方々に「看取り後の死後変化を予測した上での適切な処置をする事で、

故人やご家族と築いた信頼関係を大切にできる新たなエンゼルケアを推奨していく活動」も

進めています。

近しい人と死別した人が悲嘆から立ち直る過程を支援する取り組みの事を

「グリーフケア」と言いますが、エンゼルケアもその一環とされています。

 

ご遺族に寄り添った葬儀といっても、千差万別。考え方は各家庭それぞれです。

いろいろな方向から、少しでもご家族の悲しみを和らげていければと思います。

 

 

 

結局、社長の話になってしまいましたが、

うちの社長、見えないところでちゃんと仕事してくれています。(笑)

 

 

#セレモニーホールえにし #藤沢 家族葬

エンゼルケア